ラクトフェリンで今年はインフルエンザにかかりません!!

ラクトフェリンで今年はインフルエンザにかかりません!!

ラクトフェリンと免疫

ラクトフェリンの効果に免疫力についての効果がありますが、多くの人は見えない「免疫力」にあまり意識をしないことがほとんどです。
そもそも肉眼でウイルスというものが見えないということがそうなってしまう要因と思いますが、これは仕方のないこと。
しかし、1年のうちで「インフルエンザ」が流行する時期だけは、どうしても嫌でも免疫というものを感じてしまいます。

 

秋ごろから、インフルエンザの予防接種がスタートしますが、この時期は早めに予防接種しておかないとできないということもあります。
人々が見えない敵であるインフルエンザウイルスにおびえる時期でもあります。
しかし、何故でしょうか?インフルエンザの予防接種をしていてもインフルエンザにかかってしまいますし、何も気を付けていなくてもかからない人(もしくは一度もかかったことがない)がいます。
この差がその人の持つ免疫の差とも言えるでしょう。
乳製品を食べていると免疫力が高くなるというのはよく聞く話ですが、乳酸菌がどうやらいいらしいというくらいにしか中身については知りません。
とにかく効果があればそれでいいということで1年中乳酸菌が流行中です。
しかし、本当の効果は乳酸菌もですが、ラクトフェリンなのです。

 

ラクトフェリンサプリを徹底比較

ラクトフェリンでインフルエンザ予防は可能か?

ラクトフェリンでインフルエンザを予防するチカラはあるような気がして来ましたが、それでもかならずと言って100%の効果があるわけではありません。
ラクトフェリンだけでとなると、その他のことには注意を払わない印象が強くなってしまいます。
その他のインフルエンザ予防のためにできることを行いながら、ラクトフェリンを摂取すると良いと言えるでしょう。
というと、いつからインフルエンザ予防のためにラクトフェリンを摂取するようにしたらいいのか?について考えてしまいます。
その答えは今日からと言ってもいいのではないかと思います。
実は、インフルエンザウイルスというのは流行しているときだけに存在しているわけではありません。
そして、いつ流行するかはわかりません。
ただ、いつも秋以降が多く、乾燥している寒い時期には流行りやすいのですが、春先までも流行が残るということもあります。
なかなか予測不可能なウイルスであり、実は流行していないだけで夏場でも存在はしているのです。
ですから、稀に意外な時期にインフルエンザにかかってしまうという人がいるのです。
いつでも存在するウイルスなので、今日からでも対処した方がいいというのが答えです。

ラクトフェリンで便秘解消することと免疫との関係

ラクトフェリンで便秘を解消することと免疫にはどのような関係があるのでしょうか。
ラクトフェリンは免疫に効果がある一方で、腸内環境を良くする効果があります。
いわゆる、便秘を解消したりおならが溜まっている場合は排出してお腹の張りをすっきりさせたりする効果があるのです。
その結果、ウエストサイズを細くしたり、ダイエット効果があるということでラクトフェリンをダイエットという側面から好んで選ぶ人もいます。
しかし、腸内環境というものはそれだけの効果ではありません。

 

腸内環境を良くすることで免疫力を強化することができます。
これは、体の免疫細胞が一番集まっている場所が腸だからなのです。ですから、腸内環境を良くすることで免疫力がアップするのです。
いわゆるキレイな状態の腸は、免疫力が強化できますが、便秘傾向の腸はそうでないと言えるのです。
腸によりよい効果を発揮すると言うのがラクトフェリンなので、ラクトフェリンを摂取するようにしましょう。
最初は腸の状態が良いということで効果を感じると思いますが、最終的には身体全体の健康へ繋がるのですから。
腸がここまで身体全体の健康までも支配しているとは驚きですよね。

ラクトフェリンは子供でも大人でも最適

ラクトフェリンでインフルエンザ予防ができるというと、腸内環境が悪い大人に限定してのこと?と思ってしまいがちですが、普段から効果の高い成分ですから子供でも適しています。
子ども達はどうしてもインフルエンザにかかりやすいです。幼稚園や学校で流行しやすいということからも分かるでしょう。
密封された空間に大勢がいるということや、中々気を付けるということもできませんし、免疫についても大人と比べるとまだまだ弱いからです。
免疫力が弱い子供だからこそ、インフルエンザにかかりやすいですし、かかってしまうと重病化しやすいということもあります。
まれに亡くなるということもあり得るのです。毎年、インフルエンザにより亡くなる子供達がいますし、肺炎を併発したりする場合もあります。
ですから、子供達を中心に予防接種も行われるのですが、それでも毎年のように流行してしまうのです。
それでも、予防接種をしている子供達はインフルエンザに感染したとしても、そこまで重症化しないという意見も多くありますが、それでも絶対とは言えません。
念には念をという意味を込めてラクトフェリンの摂取が大切なのです。
ラクトフェリンを摂取することによって、インフルエンザだけでなく、あらゆるウイルスに対する効果があるので決して無駄ではありませんよ。

 

ラクトフェリンサプリが人気のワケ

新型インフルエンザに備える

インフルエンザの流行は○○型というような型がありますが、その年で流行する型というのは違ったりします。
流行する前に予防接種が行われますが、この予防接種に関してはこの型が流行りそうという予測からワクチンが作成されます。
そこで毎年のように聞かれるのが、新型インフルエンザというもの。
新型インフルエンザは、これまでになかったインフルエンザです。もしかすると流行したらかなりの死者が出るかもしれないとの予測もあります。
新型が流行しても、その次の年にもこれまでなかった新型のインフルエンザが流行するかもしれません。
ということで、新型ももしかすると流行するといたちごっこのようになってしまう可能性も否定できないのです。
考えただけで恐ろしい話でもありますが、このような新型に対応するには感染しないように自分の免疫力を上げるしかないのです。
それは普段からできる「うがい」や「手洗い」はもちろんのこと、自分の免疫力を高めるということもポイントになってきます。
免疫力の低い人から感染もしますし、重症化しやすいと言えます。
ですから、子供やお年寄り、持病のある人がどうしても真っ先にその被害に遭ってしまうと言えるのです。
持病のある人は持病も悪化しやすくなるというリスクもあります。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ